肌の問題を気にする女性

年齢とともに、身体だけではなくお肌には様々な老化現象が起きます。いつまでも若々しく美しくいるためには、日々のお肌のケアやスペシャルケアも重要です。お肌の悩みの中でも特にシミが気になる場合には、レーザーやフラッシュと言った美容皮膚科や美容外科で出来る施術も有りますが、それ以外の方法もあります。特に、トレチノインハイドロキノンを使ったケミカルピーリングは、市販されている美白化粧品で消す事が出来ないものにも対応出来ます。

トレチノインとハイドロキノンって?

年齢とともにお肌に現れる老化現象には、シワやシミ、毛穴の開きやたるみなどがあげられます。これらは主に加齢によってコラーゲンの生成が減少してしまうことも実は大きな影響となっています。

お肌のコラーゲンは肌の細胞同士をつなぎとめる効果が有りますが、それが30代後半頃から徐々に減少する事で、肌細胞のキメも乱れて保湿力が低下します。保湿力が低下する事で化粧水を付けても上手く浸透しなくなり、肌は乾燥状態になってしまいます。この乾燥こそがあらゆる肌トラブルの原因とも言われているのです。

ですから、まずは老化現象を食い止めるのに第一に保湿対策を行うことは重要です。コラーゲンやヒアルロン酸、そしてセラミドと言った保湿成分の配合された化粧水や美容液を使うことで外側からアプローチをしたり、内側からもインナーコスメと言われるサプリメントやドリンクを飲むというのもオススメです。

シワが出来るのは乾燥するからというのはなんとなくわかる方も多いと思います。ではシミはなぜできてしまうかというと、乾燥によるバリア機能の低下も挙げられますが、紫外線を受けることで肌のメラニン色素が増えてしまう事も影響します。

ちなみにこのメラニン色素とは、紫外線の有害物質を受けた時に身体を守ろうとする事で分泌されるもので、色素沈着状態が濃くなってくることでシミとなってお肌に現れてきます。色素沈着は、通常であれば肌のターンオーバーという新陳代謝の働きが活発におこっていれば、新しい皮膚に生まれ変わりますので色素が濃くなっている部分もはがれていきます。

しかし加齢とともに、このターンオーバーという新陳代謝も徐々にタイミングがずれたり遅くなったりするので、どんどん古い角質や老廃物もたまりやすく皮膚はあつくなっていくのです。若い時にはあまり気にならなかったのに、30代後半~40歳ぐらいになるとファンデーションでは隠しきれなくなるシミがどんどん増えてくるのはこのためです。

予防方法には、紫外線をカットする日焼け止めを使ったり美白化粧品を使うことがあげられます。美白成分にはハトムギエキスやビタミンC誘導体、またアルブチンなどがあり、これらが配合されている化粧品を使うことで効果はあります。しかしターンオーバーが追い付かなくなってき、さらにそこでコラーゲンの減少が起こる事で紫外線ダメージも受けやすくなりますのでどうしても増えてしまうのです。

そこで根本的に出来てしまったシミを薄くするのにおすすめの方法が、ケミカルピーリングです。スキンケアの行程でもスクラブやピーリング用のジェルを使うお手入れ方法があり、古い角質をからめ取ってターンオーバーを強制的に行う方法も有ります。ケミカルピーリングはトレチノインという薬を使って行うピーリング方法です。

トレチノインはターンオーバー促進することが出来、酸で古い角質や皮膚を溶かすのですが、それをケミカルピーリングと言います。併用すると効果がより高くなるのがハイドロキノンです。ハイドロキノンは漂泊作用のある成分が入っているため、気になる所に塗っていく事でどんどんシミが薄くなり最終的には目立たなくなるぐらいまできれいになります。

ハイドロキノンの漂泊作用は非常に強いので、これだけで使用しても効果が無いわけではないのですが、ケミカルピーリング効果があるトレチノインと併用することでより効果が高くなるのは要チェックです。

併用して使うと効果抜群!?

加齢とともに出でしまうお肌の年齢肌サインですが、女性は特に気になるものです。若い時には皮脂分泌も盛んですし、ニキビが出来たりすることも有りますが、年齢を重ねることで徐々にその分泌量が減り、逆に乾燥しがちになります。

乾燥の主な原因は、コラーゲンの生成の減少も挙げられます。コラーゲンはお肌の細胞同士をつなぎとめる重要な役割がありますので、このコラーゲンが30代後半頃から減少する事で保湿力の低下がみられます。保湿力が低下してしまうことで、化粧水を付けても上手く浸透してくれないということも有りますし、それによって乾燥が進みます。

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因を引き起こし、特に目尻の小ジワは早い段階ででき始めますので早めの段階で保湿ケアを行う事も重要なポイントです。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されている化粧水や美容液を使い、外側からも保湿をしたりインナーコスメを併用する事で内側からも働きかけてあげましょう。

肌トラブルの中にはシミもあげられます。紫外線を受けることで、肌は防御作用としてメラニン色素という物質を分泌します。メラニン色素は通常であればターンオーバーという新陳代謝の働きで排出されていくのですが、この機能も加齢によってタイミングが遅くなったり、なかなか思うように行われなくなりします。ターンオーバーが乱れると、新しい皮膚に生まれ変わりづらくなるのでメラニン色素も排出されずに色素沈着が起こります。これがシミとなって出てきてしまうのです。

今特にスキンケアの中でも特に透明感があり、しみのない肌を目指す美白ケアを行っている方は多いです。美白化粧品の中に含まれている有効成分には、アルブチンやハトムギエキスやビタミンC誘導体などが挙げられますが、これらの成分はメラニン色素を増やさないということで予防効果は有ります。しかし出来てしまった物に対してはそこまで強力な効果は無い為、薄くしたり消したりするというところまでは出来ないのが現状です。

そこでより根本的な所に働きかける事が出来る薬を使ったケミカルピーリングがお勧めです。ケミカルピーリングで主に使われているのが、トレチノインです。トレチノインは酸なのですが、これを皮膚に塗る事で皮膚を溶かしていく事が出来ます。古い角質や皮膚を溶かして新しい皮膚に生まれ変わるようにするターンオーバー促進効果がありますので、年齢を重ねてターンオーバーが乱れた肌にはかなり効き目があります。

皮膚が弱い方や初めて使う方は、濃度の低い物から試すことが大事です。刺激も強い薬なので、皮がむけたりする事も有りますが、ゆで卵の皮をむいた時の様につるんとした肌になれるのが特徴です。さらにトレチノインはコラーゲン生成を促すということもできるので、弾力があるハリ肌にすることも期待出来ます。

ターンオーバー促進が出来た所で、併用したいのがハイドロキノンです。この薬は漂泊作用がありますので、使い続けていくと徐々にしみがうすくなっていきます。化粧水や美容液などに配合されているものもありますが、化粧品扱いのものは濃度はかなり低目です。もっと強い効き目を感じたい方は、美容皮膚科や個人輸入で手に入れる事が出来る濃度の少し高めの物を使用する事をお勧めします。

トレチノインでターンオーバー促進をしつつ、ハイドロキノンを併用して漂白する方がより実感しやすいです。

記事一覧
プラセンタで若々しい肌を取り戻すことができる? 2019年09月30日

アンチエイジングへの取り組みは、今多くの女性が行っています。美魔女という言葉が大分浸透していますが、40代50代になってもいつまでも若々しい見た目でいるためには、日々の美容ケアは手を抜けません。どういったお肌のお手入れをするかで、若い肌をどう維持できるか、美肌を作っていく事が出来るかというところに影...

紫外線対策でシミ予防をしよう 2019年09月10日

お肌の老化現象の一つでもあるシミは、出来てしまうメカニズムを知り予防をしていく事が大事です。一度出来てしまうとなかなか消すのが難しいので、とにかく予防を心がけるようにしましょう。まず天敵となるのは紫外線です。紫外線を浴びると、有害な物質ですのでメラノサイトが刺激され身体を守ろうとする防御反応としてメ...

メイクでシミ消し!コツをとことん紹介します 2019年08月23日

老化現象の一つでもあるシミは、一度出来てしまうと鏡を見るたびに気になるものですし、老けた印象になりますのでどうにかして消したいものです。レーザーやフラッシュなどの美容皮膚科や美容外科で受けられる施術は費用も掛かりますし、なかなか勇気もいるものです。ケミカルピーリングといって、トレチノインやハイドロキ...